ここから本文です

タクシー会社と飲食店がコラボし配達 宇部

4/27(月) 15:15配信

宇部日報

ウベイーツ立ち上げ

宇部市助田町のタクシー会社、オリエント交通(松本聡社長)は27日午後5時から、市内の4飲食店と提携したフードデリバリーサービス「UbeEats(ウベイーツ)」を立ち上げる。松本社長は「新型コロナウイルスによる外出自粛で、宇部も大きな影響を受けている。少しでも地元の経済が回る事業になれば」と話す。
 
 タクシー、代行サービスなどを行う同社。コロナの影響で売り上げが大きく落ち込む中、宇部青年会議所(JC)に所属する松本誠矢専務は、飲食店を営む仲間からも苦しい状況を聞き、互いがウィンウィンの関係になる仕組みを模索していた。アメリカ発祥のオンラインフードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」を参考に、飲食店に来られない人のためのタクシーによるデリバリーサービスに行き着いた。
 
 事業開始に当たり、国土交通省中国運輸局からタクシーの救援事業の認可を受けた。利用者はホームページ(https://www.ube-eats.com/)から頼みたい料理を選び、ウベイーツに電話(0836-35-6666)で注文。注文を受けた料理を同社が店に発注し、出来上がり時間に合わせてタクシーが店に向かい、受け取った料理を自宅に届ける仕組みだ。
 
 タクシー運転手は地理にたけており、届け先に迷うことが無いのは大きなメリット。利用者には、1品から注文でき、複数の店のメニューを自宅で楽しめるという利点もある。同社は多くのキャッシュレス決済を扱っており、ドライバーとの現金授受の必要性が少ないことも利用者にとってはうれしい。
 
 提携店にとっては、出前事業を運搬スタッフ無しで実施できるのは大きい。同社ではスタートに当たり「鉄板伊酒屋Calcio」「お好み焼きなには」「やまと屋其の弐」「虎の子」の4店舗と提携。今後、増やしていくことを考えている。
 
 同社では、コロナ禍が終わった後も継続していく方針で、松本社長は「宇部が元気になるような事業に育てていきたい」と意気込みを示す。

最終更新:4/27(月) 15:15
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事