ここから本文です

メジャーで最もトレードが多いのはやはりあの球団だった

4/27(月) 10:43配信

J SPORTS

『MLB.com』が現地21日付で掲載した記事によると、1998年シーズンにダイアモンドバックスとレイズ(当時の名称はデビルレイズ)が加わり、メジャーリーグが現行の全30球団となって以来、最もトレードの頻度が高かったパートナーはアスレチックスとブルージェイズで、この両球団の間では、これまでトレード移籍が27回行われているとのこと。

トレードと言うと、今春にドジャースからツインズへトレードで移籍した前田健太が記憶に新しいところだが、振り返って見ると、過去にはイチローや青木宣親といった日本人メジャーリーガーもトレードで新天地へ向かう経験をしている。

ちなみに、くだんの記事によると、1998年以降、最もトレードの頻度の高かったパートナーシップのトップ10は前出の組み合わせを含め以下の通り。

1位:アスレチックス ⇔ ブルージェイズ(27件)
2位:パドレス ⇔ レッドソックス(21件)
3位:マリナーズ ⇔ パドレス(20件)
4位:アスレチックス ⇔ ロイヤルズ(19件)
4位:ブルージェイズ ⇔ フィリーズ
4位:カブス ⇔ レンジャーズ
7位:アスレチックス ⇔ パドレス(18件)
7位:インディアンズ ⇔ パイレーツ
9位:アスレチックス ⇔ カブス(17件)
9位:マリナーズ ⇔ レイズ

こうして見ると、アスレチックスがかなりの存在感を発揮しているが、記事によると、「ビリー・ビーンがオークランドのGMとなったのは、正に30球団時代が始まろうと言う1997年10月17日。

彼の在任期間中は、ビーンが限られたリソースで常にチームの競争力を保とうと努めたことから、アスレチックスは他のどの球団よりも多く(300件近くの)トレードを行った」とのこと。

ビーンと言えば、映画『マネーボール』でブラッド・ピットが演じた名GMであり、このランキングにおけるアスレチックスの存在感の高さも、なるほどと頷ける。

1/2ページ

最終更新:4/27(月) 10:43
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事