ここから本文です

愛知県は減少傾向だが「引き続き予断を許さない状況」大村知事

4/27(月) 12:22配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、特定警戒県になっている愛知県の大村秀章知事は27日、「引き続き予断を許さない状況が続いている」との認識を示しました。

 県内では週末、新たに2人の感染が確認され、感染者数は減少傾向ですが、大村知事は「若い人のクラスターが出てきているというのは少しこれは注意しなければならない」と述べ、改めて「不要不急の外出の自粛」や「3密」を避ける行動をとるよう県民に訴えました。

 今週から始まるゴールデンウイークに向け、愛知県は県民に対し、感染拡大防止の協力を呼びかける動画を公開しています。

 また週末、2日連続で新たな感染者がゼロとなった名古屋市の河村たかし市長は「ゴールデンウイーク期間中もしっかり休息をとってほしい」などと、引き続き感染防止策をとるよう訴えています。

中京テレビNEWS

最終更新:4/27(月) 12:22
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事