ここから本文です

関西鉄スクラップ 姫路中心に相場下落

4/27(月) 11:20配信

日刊産業新聞

 関西鉄スクラップ相場が姫路地区を中心に下落した。東京製鉄が関西市場への影響も大きい岡山工場のほか、高松鉄鋼センター、田原工場の鉄スクラップ購入価格を24日入荷分から引き下げたのを受け、同日から姫路地区電炉メーカー各社も鉄スクラップ購入価格の引き下げに動いた。同地区鉄スクラップ相場の下落は約1カ月ぶりで、新型コロナウイルス感染拡大の影響で鋼材需要の低迷が長引き、鉄スクラップ需要が減少していることなどが背景にある。

最終更新:4/27(月) 11:20
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事