ここから本文です

ヤクルト1位奥川は”中5日”で75球「バランスを意識、クイックの時も乱れず投げられた」

4/27(月) 6:00配信

中日スポーツ

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)が26日、埼玉・戸田球場のブルペンで投球練習を実施した。プロ最多の106球を投じた20日から中5日。今回は75球の投げ込みで課題をチェックした。

 「今日のピッチングはバランスを意識しながら投げることとクイックの練習をしました。全体的にバランス良く投げれましたし、クイックの時も乱れず投げることができました」。球団を通じて振り返った成果は及第点。また一歩前進した。

 高津監督が「昨年のドラフトで指名して良かった。みなさんに早く見てほしい」と期待を募らせているルーキー右腕。1月に発覚した右肘の軽い炎症は、すでに問題なしだ。「いつ開幕してもいいようにしっかりと準備をしていきたい」。着々とレベルアップしている。

最終更新:4/27(月) 6:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事