ここから本文です

岡山県の景気観測調査 過去最大のマイナス幅に「全く考えたことのない状況」

4/27(月) 17:31配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山商工会議所は27日、1月から3月の景気観測調査が過去最大のマイナス幅になったと発表しました。

(岡山商工会議所/松田久 会頭)
「悪化幅といたしましては、最大の悪化幅を記録いたしております」

 岡山商工会議所が会員企業541社を対象に行った景気観測調査です。1月から3月に景気が好転したと答えた企業は5.5パーセントで、景気が悪化したと答えた企業は37.5パーセントでした。

 好転から悪化を引いた数値は3カ月前の前回調査からマイナス20.0ポイントで、過去最大の下げ幅となりました。

(松田久 会頭)
「われわれの経済活動については全く考えたことのない状況になっています。来期につきましては当然ながらさらに厳しい結果を想定しております」

 岡山商工会議所は20日から企業向けの相談窓口を設けていて、6日間で174件の相談が寄せられています。

最終更新:4/27(月) 17:31
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事