ここから本文です

アダム・ランバート、LGBTQ団体GLAADを支援するためにオンライン・オークション実施

4/27(月) 12:50配信

Billboard JAPAN

 現地時間2020年4月26日、LGBTQ権利擁護団体GLAAD中傷と闘うゲイとレズビアンの同盟が主催するオンライン・プライド・イベント【Together in Pride: You Are Not Alone】が開催された。

 俳優のビリー・アイクナーとリリー・シンが司会を務めたこのイベントには、アダム・ランバート、ケシャ、ビービー・レクサ、メリッサ・エスリッジ、マット・ボマー、ショーン・ヘイズ、シャロン・ストーン、キャシー・グリフィン、ピート・ブティジェッジ市長など数多くのLGBTQの著名人やセクシュアル・マイノリティを擁護し支援するアライが自宅より出演し、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、全米のLGBTQコミュニティ・センターへの支援活動が縮小し、危機的状況にあることを伝えた。イベント中に集められた寄附金は、250以上のLGBTQコミュニティー・センターへ資金を提供するCenterLinkへ寄付され、ホームレスのLGBTQの若者のためのシェルター、HIVのテスト、メンタル・ヘルスのカウンセリング、医療などに役立てられる。

 2009年にカミング・アウトしたアダム・ランバートは、その後の10年間で感じた変化などに触れ、GLAADとの新たなチャリティ・パートナーシップを発表した。彼は「何年にもわたり、様々なパフォーマンスを行ってきましたが、ステージで着たものは、その後クローゼットにずっと入れたままになります」と説明し、計15着の衣装をGLAADを支援するためにオークションすることを明らかにした。彼は「eBayと共同でオンライン・オークションを実施します」と述べ、「売上はすべてGLAADへ直接寄付されます」と話した。オークションへの入札は、現地時間5月6日まで可能となっている。

 またスペシャル・ゲストとして声の出演を果たした、長年のアライであるバーブラ・ストライサンドは、“COVID-19の深刻な影響を受けているLGBTQセンター”について、「厳しい状況ではありますが、これらの団体を救うために行動してくだされば幸いです」と訴え、「もし閉鎖に追い込まれれば、LGBTQの人々は食事を得ることができなくなり、行き場を失ってしまう可能性もあります」と語った。

最終更新:4/27(月) 12:50
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事