ここから本文です

欧州ビッグクラブが狙う“ニュー・カカ”の代理人が夢を明かす「いつかレアルに連れて行きたい」

4/27(月) 10:00配信

超WORLDサッカー!

サンパウロに所属するU-20ブラジル代表MFイゴール・ゴメス(21)の代理人が、将来のレアル・マドリー移籍について語った。ブラジル『FOX Sports』が伝えた。

【動画】美しいゴールの代名詞、プスカシュのレアル・マドリーでの活躍

マドリーでプレーした元ブラジル代表MFカカからプレースタイルが類似しているとお墨付きをもらうなど、“ニュー・カカ”と評されているゴメス。契約解除金が5000万ユーロ(約58億1000万円)に設定されているとも言われるゴメスにはマドリーのほかに、バルセロナやセビージャ、アヤックスなど錚々たるビッグクラブが関心を示している。

そんななか、ゴメスの代理人でカカやロビーニョ、ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)などを欧州に連れてきたワグナー・リベイロ氏がゴメスの将来について言及。マドリーが強い関心を示していることを明かし、ヨーロッパのクラブとの交渉はないとしながらも、将来的に移籍させたい思いがあると語った。

「私は12歳の時からイゴールと仕事をしている。彼はヨーロッパの全てのビッグクラブから関心を持たれている。彼はサンパウロでスタメンだからね」

「彼は別格だよ。ヨーロッパの人たちが好むようなパフォーマンスを披露している。ブランドや味方を生かすプレー、ゴール、アシストなどだ。彼は完璧なプレーヤーだ」

「レアル・マドリーが彼を求めているという話があった。そのことについて話す時ではないと言ってきた。ただ、私はいつか彼をレアル・マドリーに連れて行く事を夢見ている。私はレアルが好きだし、全ての選手が望んでいることだ。その機会があれば喜んでやるね」

「彼の年齢とクオリティを考えれば、ここに長くいることは難しいと思う。サンパウロもこれは免れられないけど、国内移籍はありえない。ある時からクラブは売る事を余儀なくされている」

超WORLDサッカー!

最終更新:4/27(月) 10:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事