ここから本文です

コース逆走でのF1開催をドライバーは歓迎も、実現は困難

4/27(月) 8:40配信

オートスポーツweb

 F1がレース再開に向けてさまざまなプランを検討するなかで、フェラーリのシャルル・ルクレールは、リバースレイアウトでレースを行うのはいい案だと語った。

リバースレイアウトでのレース開催に前向きな意見を述べたルクレール

 現在F1は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、グランプリの延期あるいは中止を余儀なくされている。2020年シーズンをいつ開幕できるかによるが、最大限の開催数を確保するため、短い期間に多数のレースを開催しなければならない可能性が高い。

 カレンダー再編成の基本計画には、ダブルヘッダーやトリプルヘッダーが含まれている。同じ週末中に2レースを開催する案も検討されており、オーストリアのレッドブルリンクとイギリスのシルバーストンは、無観客で、複数レースを行うことに前向きな姿勢を見せている。

 さらに、特定のコースでの2回目のレースを通常とは逆に走行する形で行うという案も出ている。ルクレールは、カート時代にリバースレイアウトを経験したことがあり、このアイデアは“クール”だと評した。

「同じコースを2回以上使うことのメリットについて議論することができる。状況を考慮する必要があるけどね」とルクレールは最近メディアに語った。

「コースを逆方向に走るというのはクールなアイデアだ。コースを一から学び直さなければならない。カートで経験してきたことだ」

「経験豊富なドライバーの知識が突如として減ってしまう。すべてのドライバーが平等になるだろう」

 F1ファンにとっても魅力的なアイデアに見えるかもしれないが、実現は難しいかもしれない。なぜならほとんどのサーキットの構造物は、一方向に走ることを前提に設計されているからだ。

 多くの場合、レイアウトを逆走するには縁石やランオフエリアの大幅な変更が必要になると、シルバーストンのマネージングディレクターであるスチュアート・プリングルは説明する。

「古いルールブックを破るうえで、最も突飛な例が逆回りで走行することだ。なぜなら相当な作業が必要となるセクションがあることが分かっており、その作業はおそらく実用的でも現実的でもないからだ」とプリングルは語った。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/27(月) 8:45
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事