ここから本文です

豪州SC:eシリーズ第4戦にアレクサンダー・ロッシ、ジョーイ・ロガーノなど北米から豪華スター参戦へ

4/27(月) 17:13配信

オートスポーツweb

 4月29日(水)開催のVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーのeスポーツ・シリーズ『Supercars All Stars Eseries』第4戦に向け、北米から豪華ゲストドライバーの参加が続々とアナウンスされ、インディカーからアレクサンダー・ロッシ、NASCARからジョーイ・ロガーノの参戦が決定。さらにVASC連覇を記録した元王者マルコス・アンブローズの“復帰”もアナウンスされている。

【写真】インディ500優勝経験者のロッシは『INDYCAR iRacing Challenge』にも参戦中

 VASCシリーズでホールデン・コモドアZBを走らせるWalkinshaw Andretti Unitedは、2020年から新エースに就任したチャズ・モスタートを『INDYCAR iRacing Challenge』第5戦COTAにエントリーさせたのと引き換えに、インディのエースであるアレクサンダー・ロッシを招聘。アメリカ西部を代表するロードコース“ザ・グレン”ことワトキンスグレンと、カナダ・モントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでのレースに参戦させる“スワップ計画”を明らかにした。

 すでに2019年の『バサースト1000』でVASCデビューを果たしているロッシは、その際と同じ“NAPA Auto Parts Australia”カラーの27号車ホールデン・コモドアZBをドライブする予定で、WAUのモスタート、ブライス・フルウッドとともに仮想空間のVASCグリッドに並ぶこととなった。

「昨年はWAUチームでV8搭載のホールデンをドライブし、バサーストでは信じられないほど素晴らしい時間を過ごすことができた。今回レースを戦うふたつのトラックは完璧に把握していて、過去には良い戦績を収めたこともあるから、仮想空間でのVASC復帰には最高の舞台だと言えるね」と意気込みを語ったロッシ。

「2020年以前はそれほどシミュレーターを活用していたとは言えないし、本当の意味でシムレーサーになろうとは考えていなかったけど、現在の状況を踏まえればファンやスポンサーとの関係を繋ぐ最善のプラットフォームになっているよね」

 一方、NASCARではフォード系のエースドライバーであり、デイトナ500優勝経験を持つ2018年カップ・シリーズ王者のジョーイ・ロガーノも『Supercars All Stars Eseries』第4戦にエントリーすることが明かされた。

「スーパーカーのドライバーたちと戦えることにワクワクしているよ。彼らはこのマシンをドライブする才能に溢れており、とくにTeam Penskeの“チームメイト”であるスコット・マクラフランとファビアン・クルサードは、このコンペティティブなシリーズでも称賛に値する戦績を残しているよね」と語ったロガーノ。

 Team Penskeのフォード・マスタング22号車をドライブし、現実の2020年シーズンでもすでにラスベガス、フェニックスで勝利を飾っているロガーノは、今回のeシリーズで戦う“ザ・グレン”でも2015年に勝利を挙げており、NASCAR Xfinityシリーズのトラックでは通算3勝を飾っている。

「もちろん今回はバーチャル空間での勝負になるし、彼らを完全に喰い止められるとは考えていないけれど、NASCARカップ・シリーズでロードコースを戦った経験が役に立つことを願っているよ」

 そのロガーノとはフォード時代の元同僚でもあり、VASCでは2003~2004年にシリーズチャンピオンを獲得しているマルコス・アンブローズも、この第4戦に向けワイルドカード枠で参戦することが発表された。

 VASC王者の称号を提げてNASCARに主戦場を移したアンブローズは、スプリントカップ、ネイションワイド通算で“ザ・グレン”6勝と、ロガーノの戦績を上回る巧者ぶりを誇っている。

「こうしてPirtekフォード・マスタングとともに新たなeシリーズに参加し、ワトキンスグレンのインターナショナルサーキットに戻れることに興奮している。私にはこのトラックでたくさんの良い思い出があるからね」と語ったアンブローズ。

「本格的にシリーズを戦ったのは(耐久カップ登録で3戦にエントリーした)2015年が最後になるし、私自身のペースを保つためにも今後の数日間は“Sim漬け”の日々を過ごす必要があるだろうね!」

 この『Supercars All Stars Eseries』第4戦は、現地時間18時(日本時間17時)から予選が行われ、同日19時(日本時間18時)からレース1がスタート。その決勝の模様は同シリーズや参戦各チームの公式フェイスブックを始め、Red Bull TV、Fox Sports、Kayo、10 PlayとSky Sports (NZ)でライブストリーミングされる予定だ。


[オートスポーツweb ]

最終更新:4/27(月) 17:14
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事