ここから本文です

ヤクルトは青木、山田哲の1、2番を推す セイバー指標から12球団の打順を考察

4/27(月) 7:30配信

Full-Count

球界最高の打者の1人である山田哲人は2番に相応しい存在

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が延期となっている日本のプロ野球。交流戦は中止が決まり、当初は143試合だった試合数も最大で125試合に減少することが決まった。最短でも6月にズレ込むことになったことでプロ野球ファンにとってはもどかしい時間が続くことになる。

【表】大きな違いが… ヤクルトの今季予想オーダーとセイバー目線で組んだオーダーを比較

 ファンが開幕を迎えるにあたって、やはり楽しみの1つになるのは、贔屓のチームが一体どんな打線になるか、ということ。今でも日本のプロ野球ではやはり3番から5番までのクリーンアップが重視される。だが、MLBでは“最強の打者”は2番に入るのがトレンドだ。これはMLBで広く浸透しているセイバーメトリクスの影響が大きい。

 セイバーメトリクスではどれだけ多くの得点を奪うかを考える。より多く得点を取るためには、より多くの出塁が必要だ。打順は1つ繰り下がるごとに年間15打席ほど減少し、1番と4番では年間で45打席、1番と9番では120打席もの差が出る。そのため、1番や2番により良い打者を置くほうが結果的にシーズンを通じて得点の機会を増やすことに繋がるとされている。

 1番は走者がいない状況で打席に立つことが多いことから、MLBでは、より多くの得点創出のチャンスになる2番に最強の打者を置く。1番、2番、4番が最重要視され、続いて3番と5番が重視される。これまで2番にはバントなどの“繋ぎ”が求められてきたが、セイバーメトリクスの分析では、バントは得点期待値を下げるとして基本的には戦術として推奨されていない。

 では、この視点から12球団を見ると、一体どんな打線になるのか。第4回はセ・リーグのヤクルトを見ていく。

 なお、今回は怪我人等は考慮せずにベストメンバーでの打線を探る。セイバーメトリクスで打者を評価する指標のOPS(出塁率+長打率)を中心に打線を考察した。なお、セイバーメトリクスでの指標は絶対の要素ではなく、これが“正解”と言いたいわけではない。この点を理解していただき、あくまでも1つの参考として、ファンの方々が様々な意見を言い合って楽しんでくれる材料になれば幸いだ。

1/2ページ

最終更新:4/27(月) 12:28
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事