ここから本文です

ニューヨーク州のクオモ知事「夏の試合開催は楽しみだ」 ヤンキース&メッツの試合に理解

4/27(月) 10:56配信

スポーツ報知

 米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事(62)が26日(日本時間27日)、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が遅れている大リーグについて「夏の試合開催は想像できる。収益は少しでもあったほうがいい。私も楽しみだ」として、ニューヨーク市を本拠にしているヤンキースとメッツの無観客での試合実施に理解を示した、とAP通信が伝えた。

 同知事はすでに、名前は明らかにしていないもののプロチームのオーナーと会談し「大リーグはBOXの外でやるということを考えなければならない。BOXの中ではないのだ」と屋外競技である米大リーグは、NBAやNHLのように室内競技とは違うとして開幕への期待感を込めた。その上で入場料収入は期待できない無観客試合でも、放映権収入につながるとしている。

 同知事はまた、ニューヨーク州の新型コロナウイルス感染者、死者ともに米国最多だが減少してきているのを受け、人口が集中するニューヨーク市とその周辺は、解除の判断が難しい一方、それ以外の地域については、来月15日までの制限期間の後、段階的に外出制限の緩和や経済活動の再開を判断していく可能性があると記者会見で述べた。

報知新聞社

最終更新:4/27(月) 10:57
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事