ここから本文です

アイカーン氏、S&P500種に割高感-「下降気流」にのまれる可能性

4/27(月) 3:38配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 資産家のカール・アイカーン氏は現在、株式に買いを入れていない。現金を多く抱えて商業用不動産をショート(売り持ち)にし、新型コロナウイルスによる一段の打撃に備えている。

アイカーン氏はブルームバーグテレビジョンとの24日のインタビューで、今は「極めて慎重に」なるべき時期だと述べた。

同氏は医療の専門家に連絡を取り、パンデミック(世界的な大流行)に関する情報や意見を聞いたという。

S&P500種株価指数が2021年利益予想の17倍で推移する状況は、「全く正当化できるものではない」と指摘。「短期的に大規模な下降気流にのみ込まれる可能性がある」と述べた。

原題:Icahn Says Stocks Are Overvalued, Virus May Cause ‘Downdrafts’(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Erik Schatzker

最終更新:4/27(月) 3:38
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事