ここから本文です

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

4/27(月) 5:56配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 経済活動の再開について、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は、「やってはいけないのは、制御不能な感染拡大の復活をもたらすことだ」とくぎを刺しています。製造業が生産を再開しても、外出して商品を購入する消費者が不在であれば、V字型回復は望めないとの指摘もあります。新型コロナウイルスのワクチンが普及するまで、この危機をどう乗り切るのか。今週は日銀と欧州中央銀行(ECB)、米連邦準備制度理事会(FRB)が政策会合を開きます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

マイナス金利を主張

米連邦公開市場委員会(FOMC)は今週の定例会合で、政策金利を少なくともマイナス0.25%に引き下げるべきだと、2015年までミネアポリス連銀総裁を務めたナラヤナ・コチャラコタ氏がコラムで論じた。利下げ見送りは失業を減らすことを放棄し、銀行と株主の安全を維持することを選択することを意味すると同氏は訴えた。

時限爆弾

ムニューシン米財務長官は新型コロナウイルスと闘うために数兆ドル規模の経済対策が講じられることで、財政赤字が急激に膨張するが、米国は「いつか」これと真剣に向き合わなくてはならなくなるとの見方を示した。同長官はFOXニュースの番組で、米経済は「7月、8月、そして9月に真に持ち直す」との見方を示した。

サウジも先乗り

サウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコは、予定より早く原油生産の削減を開始した。「OPECプラス」の合意では、5月1日に協調減産に踏み切ることになっているが、関係者によればアラムコは既に4月25日終了週に削減を始めたという。OPEC加盟国の間ではクウェートとアルジェリア、ナイジェリアも予定を前倒しして減産を開始している。

すべて完璧なら

ビル・ゲイツ財団は新型コロナウイルスのワクチン開発で最も有望な7つのプロジェクトに、集中的に資金を投じる。ゲイツ氏はCNNで、「すべてが完璧に順調にいけば、1年以内に量産体制に入るだろう」と発言。「2年かかることもあり得る」と付け加えた。

ベテランも慎重

カール・アイカーン氏は株式に買いを入れていない。現金を多く抱えて商業用不動産をショート(売り持ち)にし、新型コロナウイルスによる一段の打撃に備えている。今は「極めて慎重に」なるべき時期だと述べた。株式相場は「短期的に大規模な下降気流にのみ込まれる可能性がある」と述べた。

その他の注目ニュース

忍び寄る食肉不足、ウィスコンシン州の牛肉加工工場も集団感染で閉鎖

問題はエレベーター、シティグループ本部が頭抱える「3密」回避策

バイデン氏、経済刺激策を批判-大企業は「欲深いにも程がある」

(c)2020 Bloomberg L.P.

Akiko Nishimae

最終更新:4/27(月) 5:56
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事