ここから本文です

セリエAは5月4日から練習再開が決定…イタリアがロックダウン緩和を発表

4/27(月) 5:50配信

ゲキサカ

 イタリアは26日、新型コロナウイルス感染防止のためにロックダウン(都市封鎖)を5月4日から緩和することを発表。それに伴い、セリエAは5月4日からの練習再開が可能となった。

 イタリア『スカイ』によると、ジュゼッペ・コンテ首相は26日にロックダウンの第2フェーズ移行を発表。3月10日のロックダウン以降で3月27日には最も多い919人の死者が出ていたが、4月26日から過去24時間以内の感染者の死者は260人にまで減少。3月14日以来の最低値となっていた。

 ロックダウンの第2フェーズは一部の旅行が地域内で許可され、屋外での運動もある程度可能となる。しかしこれまで通り2mほどのソーシャルディスタンスは維持し、不要不急の地域間移動は引き続き控えるようにしなければいけない。コンテ首相は「家族に会うときでもソーシャルディスタンスを維持するように。感染者の4人に1人は家族間によるもの。維持しなければ再び感染者数も死者も増加し、経済に不可逆的な大ダメージを及ぼすだろう。イタリアが好きであるならば、ソーシャルディスタンスを」と引き続き注意喚起している。

 セリエAについては5月4日から個人練習が再開可能に。そこから2週間は引き続きソーシャルディスタンスを徹底し、感染予防に努めつつ、5月18日からグループでの練習が再開する予定となる。

最終更新:4/27(月) 5:59
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事