ここから本文です

仏リーグアンで初の感染者は一時昏睡も…回復傾向で自発呼吸も可能に

4/27(月) 6:49配信

ゲキサカ

 リーグアンのモンペリエに所属するMFジュニオール・サンビアは新型コロナウイルスの感染が発表されていたが、回復に向かっている。26日、仏『レキップ』などが伝えた。

 23歳のフランス人プレーヤーは、最初の検査では陰性となっていたが、その後2回目の検査で陽性反応に。発表されている現段階でリーグアンでの最初の新型コロナウイルス感染者となっていた。23日には症状が悪化。ICUで人工呼吸器をつけて昏睡状態に陥っていた。

 しかし25日にはその状態から改善へ。すでに人工呼吸器ははずされ、自発呼吸も可能となっているという。

最終更新:4/27(月) 6:49
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事