ここから本文です

クロップの“暗躍”始まる…ムバッペ争奪戦にリバプールが参戦へ

4/27(月) 12:08配信

ゲキサカ

 リバプールがパリSGに所属するFWキリアン・ムバッペの争奪戦に加わるようだ。ユルゲン・クロップ監督がムバッペの父親に電話を入れたと、英『ミラー』が報じている。

 新型コロナウイルスが猛威を振るい、現在はリーグ戦が中断となっているが、ムバッペはここまでパリSGで30ゴールを記録している。今夏の去就に注目が集まっており、2億5000万ポンド(約337億5000万円)でレアル・マドリーに移籍するのではないかと噂されきた。

 レアル移籍は完了寸前とも報じられていたが、ここにきて状況が変わった。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今夏のレアル移籍は非常に厳しくなったと仏『レキップ』が報じたばかりだ。

 かつてパリSGやモナコ、レンジャーズでプレーし、ジネディーヌ・ジダン監督とはフランス代表で一緒だったジェローム・ロタン氏も「キリアン・ムバッペをレアルに移籍させる契約はほぼ成立していたとクラブ関係者から聞いている」とラジオ『モンテカルロ』に語っている。

「だが今の状況からすると、ムバッペのレアル移籍は延期になるだろうね。ムバッペがパリSGとの契約を延長することはありえない」

「パリSGは今夏に彼を手放すことにしたのだから、彼らの中には合意があるのだろう。私の考えだと、それは時間の問題だ」

 そうした状況の中で、リバプールもムバッペの獲得に動き出したことが分かった。クロップ監督はムバッペの父親に連絡をとり、リバプールへの移籍を検討してみないかと説得したと、仏『Le10スポーツ』が報じている。

 クロップ監督の指導の下、リバプールはここ10か月の間にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)、UEFAスーパー杯、クラブW杯を制覇し、世界最高のクラブへと成長を遂げた。クロップ監督はムバッペの契約レースで先手を取ろうとしているようだ。

最終更新:4/27(月) 12:11
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事