ここから本文です

新型ウイルス専用病院、開設も「患者ゼロ」 英バーミンガム

4/27(月) 16:32配信

BBC News

イギリス・バーミンガムに開設された新型コロナウイルス専用の仮設病院が、設置から10日間たっても「まったく利用されていない」ことが明らかになった。

「ナイチンゲール病院」と名付けられている仮設病院は、ミッドランズ地方の23カ所の病院から500人の患者を収容するため、バーミンガムのナショナル・エキシビジョン・センター内に設置された。

4月16日には王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子によって開設式が行われた。

この病院を運営しているユニヴァーシティ・ホスピタルズ・バーミンガムは、患者がいないことは「良いこと」だと説明。デヴィッド・ロッサー医師は、国民保健サービス(NHS)が新型ウイルスによる困難を「吸収」している証だと説明した。

ユニヴァーシティ・ホスピタルズ・バーミンガムは、NHSの地域組織としてはイングランド最大。先週はイングランドで最も死者数が多かった。

人口約6700万人のイギリスではこれまでに14万8000人以上が新型ウイルスに感染していることが確認され、2万人以上が病院で亡くなっている。

バーミンガムの位置するミッドランズ地方は、ロンドンに次いで新型ウイルスによる死者が多い。

バーミンガムのナイチンゲール病院は、設置に400人以上の請負業者や兵士、約500人の臨床スタッフなどが関わり、8日間で完成した。

ロッサー医師は、「病院の設置と運営を非常に誇りに思うと共に、逆説的ではあるが、この病院を使う必要がないという事実も誇りに感じている」と話した。

一方で、イースターの休日に人々がロックダウン(都市封鎖)の制限を守らずに外出した結果、感染者数が増えたことに言及。制限が緩和され、その影響が「ただちにNHSに跳ね返ってくる」のを心配していると語った。

ボリス・ジョンソン首相がCOVID-19で療養中に職務を代行したドミニク・ラーブ外相は、ロックダウンの早期解除を求める声を否定し、流行はなお「繊細で危険な」状況にあると強調している。

新型コロナウイルス特集

■感染対策


・基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと
・予防方法: 正しい手の洗い方
・なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる
・社会的距離とは: 2メートルってどれくらい?  感染対策に必要な距離
・感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは
・心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? 

■在宅勤務・隔離生活


・在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは? 
・自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと
・必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は

(英語記事 City's Nightingale hospital 'has no patients')

(c) BBC News

最終更新:4/27(月) 16:36
BBC News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事