ここから本文です

AI×ヘルステックでの事例が多数 神戸発国際アクセラレーション

4/30(木) 9:00配信

アスキー

神戸市と500 Startups がタッグを組んで行われる短期アクセラレーションプログラム「500 KOBE ACCELERATOR」が4期目を迎え、最終日の2019年12月16日に開催されたデモデイに15チームが登壇した。本記事では、ヘルステック領域のスタートアップを取り上げて紹介したい。

【もっと写真を見る】

 神戸市と世界で最もアクティブなシード投資ファンドとして知られる500 Startupsがタッグを組んで行われる短期アクセラレーションプログラム「500 KOBE ACCELERATOR」が4期目を迎え、最終日の2019年12月16日に開催されたデモデイに15チームが登壇した。本記事では、ヘルステック領域のスタートアップを取り上げて紹介したい。
 
 500 Startupsはシリコンバレーを拠点に世界74ヵ国2200社以上を支援するアクセラレーションプログラムで、2016年から神戸市をパートナーに迎え、グローバルチームによるマンツーマン指導を含めた6週間にわたる実践的なプログラムを毎年開催している。4期目にあたる今回は、ヘルステック領域からの募集に力を入れ、「神戸医療産業都市」との連携による特別メンターセッションや事業化支援、関連施設の視察、企業との交流機会の提供などのサポートを行なった。
 
生命科学の実験をAIで自動最適化
エピストラ株式会社
 再生医療、遺伝子治療、創薬といった生命科学の実験をシミュレートするプロトコルをAIで自動最適化するサービスを提供するエピストラ株式会社。
 
 生命化学関連の実験に必要なコストは、1件平均につき480億円で期間も15年かかる。国内では毎年3兆円、海外では19兆円が必要とされるが、エピストラが開発したAIソフトウェアを使えば大幅にコストも時間も削減できるとしている。
 
 元IBMリサーチの小澤陽介氏がCEOを筆頭に、AI研究で知られる大阪大学の高橋恒一教授、そしてソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長兼所長の北野宏明博士が顧問を務め、50報以上の論文と30件以上の特許を取得。AIソフトウェアで研究開発を加速iPS細胞を使う再生医療研究で知られる高橋政代氏も利用しており、iPS細胞の分化効率を23%向上させ、必要期間を5年から半年に、コストは1.8億円から1千万に抑える成果を出している。
 
脳画像から認知症リスクを測定
株式会社Splink
 脳科学とAIを融合した技術開発によるアルツハイマー病をはじめとした変性脳疾患の早期診断支援を行ない、適切な予防および診療の実現を目指している。複雑で経験も必要なうえにコストが高い認知症検査の課題を解決する。
 
 壇上で紹介されたのは、頭部MRI画像をAIで解析し、客観的な指標を元に認知症のリスクを測定する検査サービス。医療機関向けの提供を目指しており、2000人以上の検査実績によれば、従来の検査より精度が大幅に向上し、必要とする脳画像の解析時間は600分の1になったという。
 
 認知症予防研究の第一人者で37年の臨床経験がある医師の朝田隆筑波大学名誉教授が医学顧問に加わっており、経済産業省や総務省などの支援も受けている。今後はICTによる早期発見と疾患のケア、AI医療機器の開発、医療データを利活用した地域医療や個別化対応を進める。
 
認知のゆがみによるうつ症状を解消するスマホアプリ
株式会社キママニ
 薬を使わずアプリやゲームで治療するメンタルケア向けデジタルセラピーアプリを開発しているキママニ。同社が提供する「KibunLog」は、認知のゆがみによるうつ症状を解消するスマホアプリ。自分の今の気分を選んで感情を書き出し、分析画面で可視化できる機能があり、毎日の生活で生じる感情の起伏をログに残すことで対処方法を見つけ、感情コントロールができるようになる。
 
 認知行動療法の1つであるエクスプレッシブ・ライティングがベース。グローバルでの精神薬の売上は年間約6400億円だが、半分は薬が効かない・または効きにくいため、デジタルセラピーの開発は世界でも進められており、効果に対する期待も高まっている。
 
 シンプルで使いやすいユーザーインターフェイスは女性を中心に利用者を延ばしており、5万以上ダウンロードされ、月間の記録ログ数は2万以上。それらのデータからも精神疾患に効果があると医薬会社から認められており、今後はその他の症状についても開発を進めるとしている。
 
音声対話のAIセラピスト
HoloAsh, Inc.
 音声で対話ができるAIセラピストにより、いつでもどこでもメンタルヘルスサポートを提供する技術を独自に開発している。医療コミュニケーションの「動機づけ面接(Motivational Interviewing)を活用し、声の抑揚にあわせてストレスや不安を和らげるよう適切な応答ができるという。
 
 テキストを使うチャットボットや、人間が対面で行なうビデオチャットとは異なり、声だけを使うので話しやすく、対話療法の効果が得られやすくしている。対話数は月次で100%以上伸びており、月10万件近くになると予想されている。音声認識技術の精度から、まずはセラピストのニーズが高いアメリカおよび英語圏での展開を進めていく。
 
血管の詰まりを簡易に計測するデバイス
NephTech
 人工透析による血管の詰まり=血管狭窄(閉塞)を診断できるシステムとデバイスを開発するシンガポールの会社。透析患者の60%は血管の詰まりを経験しているが診断が難しく、重症化すると手術が必要になり、それらによる損失は年間で300億ドルにもなるという。
 
 早期かつ簡単に閉塞の重症度を特定する必要があり、同社はAIを使い血管に当てるだけで診断できるシステムとデバイスを開発した。ポータブルでどこでも置けるサイズになっており、非侵襲型なので使い方も簡単だ。現在3つの特許を申請しており、シンガポール、マレーシア、ベトナムで700人以上の治療に使われている。今後は日本市場への展開を目指しており、すでに医療機関への紹介などが始まっておりビジネスが一歩進んだと話している。
 
インド発の遠隔診療アプリ
I Online Doctor Inc
 医師のオンライン相談サービスのマーケットプレイスを提供するインドの会社。専用のスマホアプリを使った安全性の高いビデオチャットで遠隔診療ができる機能により、医師が少ない地域はもちろん、医師が不在の深夜や休日でも診察が受けられるようになる。さらに自分が受診したいスキルや言語で対応できる医師を検索できる機能も用意されており、将来的には世界中で使用できる遠隔診療サービスをワンストップで提供することを目指している。
 
 サービスの登録は簡単にできることから、2000人以上の医師が登録しており、12000件以上の診療実績を持っている。遠隔診療の市場規模はインドだけで290億ドルあり、今後も成長が見込まれている。日本に向けては海外からの旅行者や、外国語に対応できる医師を探しているユーザーに向けたサービスを計画している。アプリの日本語化も予定しており、小さな診療所も登録できるようにしていく予定だ。
 
熱中症対策となる深部体温測定デバイス
株式会社HERBIO
 ブルーカラーを中心に大きな問題になっている労働者の熱中症対策となる深部体温を、違和感無く測定できるウェアラブルデバイスを開発。
 
 熱中症の原因である深部体温の上昇は、通常の体温計や機器だけではモニタリングするのは難しく、作業にも違和感が生じる。HERBIOでは基礎体温で女性の健康を管理するツールを開発しているが、1年前から深部体温を計測できる研究を始め、直径4cmほどのウェアラブルデバイス「Picot」を開発した。
 
 ヘソに貼るだけで長時間安定した計測が違和感なくでき、対策支援や分析予防を行なうパーソナライズ熱中症対策システムとあわせて月額800円で提供している。さらに熱中症および低体温症の予防を目的としたモニタリングの実証を検討するなど、体温で命を救う研究を今後も進めていくとしている。
 
医療介護を支援するAIロボットシステム
株式会社シャンティ
 人材が不足する医療介護の現場でスタッフをサポートするAIロボットシステムを開発している。
 
 診療の前に必要な問診や説明を行う業務にかかるコストをロボットで代替。コストは初期導入費50万円、月額1.5万円で、すでに21の病院に導入されている。プログラム参加中も導入先が10施設増え、今後は大手製薬会社を通じて発売されることが決まっている。Papperやロボホンなど国内で発売されているコミュニケーションロボットにも搭載可能。
 
 また、ロボットシステムとは別にMR技術を活用した「上肢障害者向けMixed Realityリハビリテーションシステム」を開発しており、病院連携相談窓口を活用した医療機器認定を視野に入れた実用化を進めている。
 
 デモデイではこのほかにも、がん健診の通知はがきをメールで自動化するクラウドサービスを開発するケイスリー株式会社や、医療領域など専門分野にも対応できる品質の高い企業向け英語学習サービスをAIとネイティブスピーカーのハイブリッドで提供する米国のNative English Institute といった、直接ではないがデジタルヘルス市場に関連するスタートアップも登壇していた。
 
HERBIOとシャンティは神戸医療産業都市との連携を発表
 イベントにて、500 Startupsのマネージングパートナー Bedy Yang(ベディ・ヤン)氏は、神戸市のリーダーシップにより15チーム中8チームがヘルステック領域から参加したことを紹介。神戸産業医療都市との連携でも成果をあげており、資金調達や海外進出などでシリコンバレーと神戸市の両方で支援を続けるとしている。久元喜造市長は、神戸市で実施している国際的な起業支援活動や拠点を紹介し、ビジネスの発展につなげてほしいとコメントしていた。
 
 なお、参加したスタートアップのうち、HERBIOとシャンティは神戸医療産業都市との連携を発表しており、Native English Institute は神戸市内に本社設立を決めている。他にも実証実験や医療機関の紹介など、具体的な成果が出ていることから、次回もヘルステック分野スタートアップの募集に引き続き力を入れる可能性がありそうだ。
 

文● 野々下裕子 編集●北島幹雄/ASCII STARTUP

最終更新:5/7(木) 9:09
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事