ここから本文です

『3代目山の神』神野大地が企画の「学生オンライン面談」に東京五輪マラソン代表・服部勇馬らが協力

5/1(金) 23:50配信

中日スポーツ

「箱根駅伝MVP」相沢晃も

 昨年のアジアマラソン選手権王者で、“3代目山の神”と呼ばれ、箱根駅伝を沸かせた神野大地(26)=セルソース=が1日、自身のツイッターを更新。自身が企画した学生アスリートとのオンライン面談に、東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=や、今年の箱根駅伝でMVPの金栗四三杯を受賞した相沢晃(22)=旭化成=らが協力することを明かした。

 コロナ禍で先が見えない中、最高学年のアスリート(中3、高3、大4)を対象に4月28日まで募集。面談は2~6日に1人あたり約40分、ウェブ会議アプリ「Zoom」を使用して行う。応募者全員のメッセージを読んだという神野は「皆さんがどんな目標や夢を持ち、『今』に悩み、どんな不安があるのかが伝わってきました」とコメントした。

 服部をはじめとした陸上・長距離選手に相談し、賛同を得たという。「世代、競技レベルなどを超えた交流が行われ、長距離界、陸上界が連携し危機を乗り越え、変わった、その第一歩になるといいなと考えています」と思いをつづった。当初の募集人数は5人。応募者多数のため、全員との面談は難しいが、可能な限り行うという。

最終更新:5/1(金) 23:50
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事