ここから本文です

「マネーフォワード クラウド」、副業・フリーランス向け「パーソナルミニ」プランを月額980円で提供

5/2(土) 10:05配信

MONEYzine

 マネーフォワードは、副業やフリーランス、これから事業を開始する人向けに、月額980円で利用可能な「パーソナルミニ」プランを新設すると発表した。

 マネーフォワードはこれまで、クラウド型会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」や、クラウド型経費精算ソフト「マネーフォワード クラウド経費」など、7つのサービスをすべて利用できるプランを提供してきたが、副業やフリーランスをはじめ、事業を開始したばかりの人は、経費精算や給与計算ソフトなどを利用する機会がないため、事業規模に応じて必要なサービスを低価格で利用したいというニーズが高まっていた。

 こうした状況を受け、同社は機能を限定しコストを抑えた「パーソナルミニ」プランを新設。6月2日から月額980円、年額 9,600円(いずれも税抜)で利用可能になる。

 「パーソナルミニ」プランで利用できるのは、「マネーフォワード クラウド確定申告」と「マネーフォワード クラウド請求書」の一部機能(表参照)、および「マネーフォワードクラウド経費」「マネーフォワード クラウド給与」「マネーフォワード クラウドマイナンバー」「マネーフォワード クラウド勤怠」。

 「確定申告」と「請求書」で利用できる機能は以下のとおり(給与・マイナンバー・経費・勤怠は、各プランでの機能差異はない)。

 利用者は、銀行口座などの明細データから勘定科目を自動提案する機能を活用できるため、仕訳登録や確定申告書の作成作業を効率化できるだけでなく、見積書や請求書をワンクリックで作成し、入金履歴を管理画面で確認することが可能になる。

【編集部より、利用可能な機能の修正について】 本記事の公開後、2020年5月13日に「パーソナルミニ」プランで利用できる機能について、以下の通り修正しました。

◎修正前 クラウド型確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」とクラウド型請求書管理ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」の主要機能。

◎修正後(マネーフォワード社の訂正をもとに以下のように修正しました) 「マネーフォワード クラウド確定申告」と「マネーフォワード クラウド請求書」の一部機能、および「マネーフォワードクラウド経費」「マネーフォワード クラウド給与」「マネーフォワード クラウドマイナンバー」「マネーフォワード クラウド勤怠」

上記修正にともない、記事タイトルも以下のように変更しています。

◎修正前:「マネーフォワード クラウド」、副業・フリーランス向けに機能限定版を月額980円で提供 ◎修正後:「マネーフォワード クラウド」、副業・フリーランス向け「パーソナルミニ」プランを月額980円で提供

MONEYzine編集部[著]

最終更新:5/13(水) 18:05
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事