ここから本文です

ファイザー、新型コロナワクチン候補の臨床試験を米国で開始

5/6(水) 2:42配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米製薬会社ファイザーは米国で新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチン候補の臨床試験を開始した。通常のワクチン開発にかかる時間から見ると異例の速さでの臨床試験となった。

ファイザーの5日発表によると、ニューヨーク大学グロスマン医学部とメリーランド大学医学部で臨床試験が行われている。

同社はドイツのバイオファーマシューティカル・ニュー・テクノロジーズ(バイオNテック)と共同で臨床試験を進めており、4月後半にはドイツで試験を開始した。

ワクチンの臨床試験では通常、安全性の検証から開始するが今回はワクチン開発を加速化させるため安全性と免疫システムの反応を同時に検証する。

米国での臨床試験では、対象となる360人を18-55歳と65-85歳の2グループに分けて実施する。年齢が若いグループで安全性と免疫システムの反応が確認された時点で、高齢者層のグループの臨床試験を開始する。

ファイザー以外にも、モデルナやイノビオ・ファーマシューティカルズなど複数の製薬会社が新型コロナワクチンの臨床試験に入っている。

原題:Pfizer Starts U.S. Trials of Experimental Covid-19 Vaccine (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Cynthia Koons

最終更新:5/6(水) 2:42
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事