ここから本文です

麻布十番の中華料理店「ダリアン」がテークアウト開始 大連焼餃子など

5/7(木) 8:01配信

みんなの経済新聞ネットワーク

麻布十番の中華料理店「大連餃子基地 DALIAN(ダリアン)麻布十番店」(港区麻布十番3、TEL 03-3454-5848)が現在、テークアウトメニューを販売している。(六本木経済新聞)

【写真】「大海老のチリソース煮」

 2009(平成21)年6月にオープンした同店。営業本部長の下田貴光さんは「ギョーザなどの中華料理を、おしゃれな空間でリーズナブルに楽しんでほしい店としてオープンした」と振り返る。ディナータイム同様にランチタイムでもアラカルトメニューを提供する。新型コロナウイルスの影響によりテークアウトを始めた。

 用意するテークアウトメニューは、鹿児島県産の黒豚肉の餡(あん)を、その日にこねた皮で包んだ「パリパリ羽根の大連焼餃子」(630円)。オリジナルの地ソースで和えて鉄板で香ばしさを加えたという「大えびのチリソース煮」(1,380円)なども用意する。すりおろしのショウガを使った「大連ハイボール」(480円)などのアルコール類もそろえる。

 「ランチにはもちろん、夕食の『あと一品』にぜひ活用していただきたい。まずは自慢の大連餃子をぜひ味わってほしい」と下田さん。「料理を盛り合わせたオードブルも用意している。気軽に何でも相談してほしい。店内はアルコール消毒を行い、換気も良くしているので安心して利用していただきたい」とも。

 現在の営業時間は11時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/13(水) 17:16
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事