ここから本文です

《いばらき紀行》河内町 朝霧、神域抱く

5/9(土) 17:19配信

茨城新聞クロスアイ

神域を抱くように朝霧が立ち込め、水田地帯は森厳な世界になり代わる。茨城県内有数の米どころ、河内町にある田に囲まれた神社。風がなく霧が出た朝、田植え準備のため、水が張られた水面に、鳥居や御神木が鏡のように映る。霧によって周りの景色は白色に溶け、まるで神社が湖上にぽつんとあるようにも見える。

約10年間、霧の神社をカメラで狙う町職員、石山正光さん(64)は「理想的な撮影環境になったのは、これまでほんの数回。だからこそ、出合えたときは、神々しい気持ちになる」と感嘆する。(随時掲載)

茨城新聞社

最終更新:5/13(水) 19:07
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事