ここから本文です

北ア焼岳で神戸の58歳男性遭難 道に迷い県警ヘリで救助 県は『登山の自粛』呼びかけ中

5/9(土) 19:07配信

NBS長野放送

北アルプス焼岳で9日、日帰り登山の男性が道に迷い、県警ヘリに救助されました。けがは無いということです。

救助されたのは、神戸市の会社員の男性58歳です。

警察によりますと、男性は日帰り登山の予定で松本市の中ノ湯温泉登山口から入山。登頂後、登山口にむけて下山中に道に迷い、午後2時頃、携帯電話で救助要請したということです。そして、午後4時過ぎに県警ヘリで救助されました。男性にけがはないということです。

緊急事態宣言の発令を受け長野県は、現在、「県域をまたぐ往来の自粛」を呼びかけています。また感染者が発生した場合の対応が極めて難しいなどとして、「登山の自粛」も呼びかけています。

先月25日には、八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で滑落・骨折して救助された都内の男性36歳が一時、新型コロナウイルスの感染が疑われ、救助した隊員など10人前後が自宅待機になったケースも発生しています。

最終更新:5/9(土) 20:15
NBS長野放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事