ここから本文です

タフな軽SUVが流行り!? ダイハツ新型「タフト」とスズキ「ジムニー」の意外な共通点とは

5/9(土) 16:10配信

くるまのニュース

ダイハツ新型「タフト」とスズキ「ジムニー」を徹底比較

 近年の国産車で多くの割合を占める軽自動車ですが、各メーカーは定番モデルから個性派モデルまで、さまざまなジャンルの軽自動車をラインナップしています。

【画像】ダイハツ新型「タフト」とスズキ「ジムニー」画像で見比べる(38枚)

 そのなかでも注目されるのは、クロスオーバーSUVスタイルのモデルです。

 スズキが2014年に発売した「ハスラー」は、遊べる軽として一躍ヒットモデルになりました。そしてダイハツは、新たな軽SUVとして新型「タフト」を2020年6月に発売する予定です。

 この新型タフトは、ハスラーの対抗馬となるモデルと思われましたが、じつはスズキの軽クロスカントリーSUVの「ジムニー」をもターゲットにしているといわれています。

 新型タフトとジムニーは、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。両車を比較してみます。

 新型タフトは、「Tough & Almighty Fun Tool」をコンセプトとし、頭文字をとって「TAFT」という車名になったとされていますが、ダイハツは1974年に同じタフトというクロスカントリー車を発売しています。

 ラダーフレームに4輪リーフリジッドアスクルサスペンション、副変速機付きのパートタイム4WDシステムなど、初代タフトは本格的な四駆モデルでした。

 このときのタフトは軽自動車ではなく、登録車として登場しています。当初は1リッターガソリンのみでしたが、2.5リッターディーゼルやトヨタから供給を受けた1.6リッターガソリンなどのラインナップを展開。

 そして1984年のフルモデルチェンジで車名が「ラガー」へと変更されると、日本ではタフトの車名が消滅しました。

 現代に復活した新型タフトは、以前のタフトとは別物とされており、ダイハツの新世代プラットフォーム「DNGA」をベースとした軽自動車として生まれ変わりました。

 対するジムニーは、初代モデルが1970年に登場。その後世代を重ね、現行モデルは2018年にフルモデルチェンジした4代目モデルです。

 歴代ジムニーのデザインモチーフが取り入れられるとともに、最新のテクノロジーが搭載されました。

 本格四駆モデルというキャラクターも一貫しており、ラダーフレームにエンジンを縦置きしたFRレイアウトを採用、副変速機付きパートタイム4WDを搭載といったところは、初代タフトと共通しているといえます。

 新型タフトとジムニーの外観デザインは、スクエアなフォルムが特徴です。ヘッドライトの形状は異なり、タフトは角型でワイルドなイメージ、ジムニーは丸型で初代モデルを連想させるデザインです。

 新型タフトのオプションパーツとして用意されているメッキグリルは、センターに入ったTAFTのロゴの左右に2つずつ細長い穴が開いています。

 この細長い穴はジムニーにも見られ、5スロットグリルと呼ばれています。黒い樹脂パーツに5つの穴があけられ、ジムニーらしさを主張しています。

 サイドのデザインは、新型タフトもジムニーも角ばっています。新型タフトのホイールアーチは樹脂製パーツが装着されていますが、ジムニーにはありません。しかし乗用モデルの「ジムニーシエラ」は樹脂のオーバーフェンダーを備えており、クロスカントリーらしさを強調しています。

 一方ドアの枚数では、新型タフトは4ドア、ジムニーは2ドアとしているところは大きな違いだといえます。

 リアを見ると、タフトのバックドアは一般的な跳ね上げ式ですが、ジムニーは横開きです。横開きのバックドアは狭いところでも開閉することができ、さらに悪路でパンクしたときにすぐにタイヤ交換ができるように、ジムニーはスペアタイヤを背負っています。

 バックドアの違いを見ると、新型タフトは軽SUV、ジムニーは軽オフローダーという性格であることがわかります。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 10:27
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事