ここから本文です

恐怖指数が30割れで波乱終息の兆し、大活躍した関連ファンドも落ち着き

5/11(月) 19:00配信

モーニングスター

 シカゴ・オプション取引所(CBOE)で取引されているVIX指数(ボラティリティ・インデックス)が先週末の5月8日に2カ月半ぶりに30を下回った。VIX指数は「恐怖指数」とも言われ、30を超える水準では株価の大幅下落の可能性が高いことを示唆し、リスク性資産への投資に警戒感が高まる。今回は2月25日の日中に30.25を記録して以来、VIX指数の上昇が目立ち始め、3月16日には終値ベースでは過去最高となる82.69を記録。同18日には2008年のリーマンショック時に記録した日中の最高値89.53に迫る85.47の高値を付けた。この間、株価は16日にNYダウが過去最大幅の下落(2997.10ドル安)を記録するなど大いに荒れた。

 VIX指数は、CBOEがS&P500指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表している指数で、一般的に、数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされる。概ね10~20の間で推移しているが、投資家の不安心理が高まると、突如として価格が跳ね上がり、30を超えて上昇する場面では株価が大きく下げる傾向にある。過去に遡ると、2018年12月のクリスマスショック(トランプ大統領のツイッターのツイートで米株が5%急落)、同年2月のVIXショック、2015年8月のチャイナショック、2010年~2011年のユーロ金融危機、そして、2008年のリーマンショックとなる。VIX指数が30を超える局面では世界の株式市場は大いに動揺した。

 今回、VIXがピークを付けた3月16日は、NYダウは12.93%、S&P500で11.98%の下落となった。その後、S&P500は3月23日終値2237.40を安値に値を戻し、5月8日には2929.80になった。今年の高値である2月19日の3386.15まで13.5%の上昇で届く位置だ。この株価の上昇の過程ではVIX指数は80台から、30割れの水準に低下している。

1/2ページ

最終更新:5/12(火) 19:01
モーニングスター

チャート

国際のETF VIX短期先物指数1552
11750円、前日比+340円 - 5/29(金) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事