ここから本文です

埼玉4月の推計人口、5カ月ぶり増加 さいたまが人口増1位 川口からさいたまに移った人が最多

5/11(月) 11:02配信

埼玉新聞

 埼玉県は4月1日現在の推計人口を発表した。総数は734万1794人(男365万7852人、女368万3942人)で、前月に比べ4590人(0・06%)増え、5カ月ぶりに増加に転じた。世帯数は1万3003世帯増え、318万1268世帯。人口密度は1平方キロメートル当たり1933・2人だった。

本当に住みやすい街、1位は川口 浦和や大宮より地価や物件価格がリーズナブル 東口商店街の再開発に期待

 人口増減の内訳は、自然増減が2163人(出生4066人、死亡6229人)の減少、社会増減は6753人(転入4万591人、転出3万3838人)の増加。

 3月中に人口が増えた上位3位の自治体は、(1)さいたま市3320人(2)川口市980人(3)川越市469人。人口が減った上位3位の自治体は、(1)熊谷市383人(2)狭山市215人(3)和光市182人。減少率が最も高かったのは、皆野町で0・58%だった。

 3月中の県内市町村間移動人数は1万7262人。川口市からさいたま市に移った584人が最も多かった。

最終更新:5/11(月) 11:02
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事