ここから本文です

富士吉田市内出身の山梨県外学生に1万円相当の食品送付へ

5/12(火) 19:40配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

山梨県富士吉田市は緊急事態宣言を受け、地元への帰省の自粛を求めている市内出身で山梨県外で生活を送る大学生などの約1000人の学生に対しお米や水などの支援物資を送ることを決めました。
これは5月12日富士吉田市の堀内茂市長が記者会見で明らかにしたものです。
支援物資はお米や水、それにレトルト食品などおよそ1万円相当の食料品です。
申請は市のホームページにある専用のフォームで5月末までに受け付け申請から1週間ほどで発送されるということです。
このほか市では貸店舗で営業する市内の事業者に月の上限5万円で半年間、家賃の半額を補助することを決めています。
対象は4月からの3か月間でそれぞれ去年の同じ月より売り上げが2割以上減少する見込みの市内の事業者で5月25日から富士吉田商工会議所で予約制で申請手続きができるということです。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:5/12(火) 20:05
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事