ここから本文です

北海道の銀行2行が決算発表 道内経済に強い危機感

5/12(火) 20:12配信

HBCニュース

北海道放送(株)

 12日、道内2つの銀行の決算が発表されました。どちらも道内経済の先行きに強い危機感を示しています。

 「経済危機の様相を呈していると言ってもいいと思う」(北海道銀行 笹原昌博頭取)

 2月中旬からの融資の相談件数が、桁違いの2000件まで増えた北海道銀行。昨年度の単体決算は貸し倒れなどに備えた与信費用の増加や株式の損失などで、経常利益は前年度に比べ7億円少ない137億円。今年度は、与信費用を当初の見込みの2倍に積み増すため、経常利益は、昨年度より22億円少ない115億円としました。
 一方、北洋銀行の融資の相談は8000件を超えています。決算は、道内経済の先行きに厳しい見通しを示しています。

 「取引先の破綻・倒産は避けなければいけない。債務者区分のランクダウンを避けられない企業が出てくる」(北洋銀行 安田光春頭取)

 昨年度の決算は、株式などの損失で、経常利益は前の期から66億円少ない126億円。今期については新型コロナウイルスの影響が見通せないとしました。

 「これが長引けば資金供給だけではなく、商売自体が成り立たないということも出ている」(安田光春頭取)

 道内経済を支えため銀行の胆力も求められています。

北海道放送(株)

最終更新:5/13(水) 10:54
HBCニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事