ここから本文です

【新型コロナ】「再陽性」の女子学生が退院 熊本市発表

5/12(火) 20:23配信

熊本日日新聞

 熊本市は12日、新型コロナウイルスの「再陽性」が確認された東区の20代女子学生が、8日と11日にPCR検査で2回連続して陰性となり、同日退院したと発表した。市は厚生労働省の通知に基づき、12日から4週間、健康観察を続ける。

 市によると、女子学生は4月3日に陽性が判明して入院し、9日に退院。17日以降、倦怠[けんたい]感や味覚異常などを訴え、26日に再び陽性となった。市は、女子学生が再発症した17日まで自宅を出ていないことから、体内に残ったウイルスが再び活性化した「再燃」の可能性が高いとみている。

 女子学生の2度目の退院を受け、市保健所は週1回程度だった健康観察の電話連絡を2日に1回に増やす。

 県内の感染者47人のうち、退院は24人目。20人が入院中で、3人が死亡した。(潮崎知博)

最終更新:5/13(水) 7:58
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事