ここから本文です

デンマーク発:女性のための前輪ハブモーターeバイク

5/12(火) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

カゴを外して買い物へ!

お値段12万円ちょっとで買える、女性向けのeバイクがクラウド・ファンディングで資金を募集しています。これはデンマーク生まれの「STRØM CITY W」という電動アシスト自転車。

【全画像をみる】デンマーク発:女性のための前輪ハブモーターeバイク

真っ白な車体が女性を意識しており、オプションで付属するカゴは取り外してそのまま買い物に使えるようになっています。

重さは21kgなので、女性にとっても重すぎることはなさそうです。加えて前後に照明があり、ハンドルにUSBケーブルを挿して、手持ちのガジェットを充電する機能があります。

ユニークな前輪ハブモーター

最近は車輪の中心に搭載するハブモーターを使うeバイクも増えてきましたが、この「STRØM CITY W」は、350Wのモーターが前輪にあるのがユニークです。後輪だと後ろから押されるような感覚なのに反して、これだと前から引っ張られる感覚なのかな? と思います。

米国版と欧州版

アメリカ版は親指でスロットルを操作し、足で漕がずに最高時速32kmが出せるとのこと。ですがEUではスロットルが認可されていないため、EU版ではモーターが250Wでスロットルがありません。

取り外し可能な10.4Ahの充電池はフル充電に3~4時間がかかりますが、航続距離は60km。14Ahの充電池に取り替えれば、80kmまで走るのだそうな。

また、いずれのモデルもシマノ製3段階ギアと、6段階の電動アシスト機能があり、タイヤがパンク防止仕様なのもナイスです。

1台が約12万円

「STRØM CITY W US」は超早期便で1台が約12万円ですが、白と黒の2台セットで22万円というプランもあり、また予備充電池は約9,400円、脱着可能なカゴが約8,800円というオプションも用意されています。

執筆時、INDIEGOGOでは約587万円の目標金額に対し、650人から803%超えの4,718万円が出資されていました。色は白、黒、赤の3色。可能な限り錆びないよう作られているので、機械類のメンテナンスが苦手な方にもバッチリですね。しかし日本の規制に合わせてあるか不明なのがなんとも歯痒いです。

Source: vimeo, STRØM, INDIEGOGOvia NEW ATLAS

岡本玄介

最終更新:5/12(火) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事