ここから本文です

川崎市の待機児童は12人 利用申請者数と利用児童数は過去最多に

5/12(火) 21:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 川崎市は12日、4月1日現在の待機児童数が12人だったと発表した。就学前児童数が減少する一方、利用申請者数と利用児童数が過去最多に。市は認可外施設の利用を促したものの、特に大規模集合住宅が開発された幸区での保育需要の高まりに追いつかなかった。

 市によると、就学前は4年連続減少し、前年度比818人減の7万9591人。一方、申請者は1272人増の3万4743人、利用児童は1597人増の3万2296人で、いずれも統計を取り始めた2000年以降で最多となった。就学前に占める申請者の割合は18年連続で過去最高を更新し、前年度比2・1ポイント増の43・7%に上った。

神奈川新聞社

最終更新:5/12(火) 21:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事