ここから本文です

レノボ、タブレット製品のバッテリー充電機能でソフトウェア更新 異常発熱・発火防止で

5/12(火) 18:55配信

ITmedia NEWS

 レノボ・ジャパンは5月12日、同社製のタブレット「Yoga Tablet 2」「Yoga Tab 3」で異常発熱や発火を未然に防ぐためのソフトウェアアップデートと、一部製品のバッテリー無償点検を行うと発表した。

【画像】対象製品の一覧

 対象製品は2014年9月から15年12月までに製造した「YOGA Tablet 2」(Android/Windows)シリーズと、15年10月から19年9月に製造した「YOGA Tab 3」(Android)シリーズの計16製品。

 該当モデルの一部でバッテリーの劣化が原因とされる発火事案が報告されたため、バッテリー充電機能に関するソフトウェアアップデートを施すという。

 Androidを搭載する製品はネット経由でソフトウェアアップデートを行う。一部製品はバッテリー無償点検を行う場合もあるという。Windowsを搭載する製品は修理センターで預かった上で、バッテリー無償点検とソフトウェアの最適化を行う。

 サポートページで製品のシリアルコードを入力すると、手元の製品がバッテリー無償点検の対象であるかを確認できる。

 レノボ・ジャパンは「大変ご迷惑をおかけしますことを深くおわび申し上げます。今後もお客さまの安全を最優先に製品、サービスの向上に努めてまいります」としている。本件の特設窓口は0120-988-819(午前9時から午後6時まで。6月12日までは全日、以降は平日のみ)。

ITmedia NEWS

最終更新:5/12(火) 18:55
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事