ここから本文です

ピアニスト・高木里代子のアニソン×コスプレが止まらない 今度は不二子コスで「ルパン三世」の名曲披露

5/12(火) 22:06配信

ねとらぼ

 異彩を放つパフォーマンスで知られるジャズピアニストの高木里代子さんが、自身の公式YouTubeチャンネル「Riyo Channel」で、アニメ「ルパン三世」の楽曲「ルパン三世のテーマ」や「ラヴ・スコール」を峰不二子コスプレでピアノ演奏する動画を披露。「リアル不二子ちゃん」「指使いの凄い不二子ちゃん」など視聴覚に効くと反響を呼んでいます。

【画像】高木里代子のアニソン×コスプレシリーズを全て見る

 2015年に開催されたジャズフェスティバル「東京JAZZ」では水着姿での立ち弾きを披露し、一躍注目の的となった高木さん。SNSではセクシーな姿でピアノを演奏する姿がこれまで度々話題となりましたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大が続く中、4月下旬からは「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃コスプレで弾いた「紅蓮華」や、自作の紙製セーラー服でハルヒになりきり「ハレ晴れユカイ」(アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」EDテーマ)を弾く「アニソン×コスプレ」シリーズを連続投稿しています。

 高木さんいわく、甘露寺蜜璃や涼宮ハルヒは“甘口系なキャラ”とのことで、その反動か、最新の投稿では、“辛口なイメージ”だという峰不二子コスプレで「ルパン三世のテーマ」を演奏。同楽曲は高木さんがジャズピアニストとしても作曲家としても大リスペクトしているという大野雄二さんの名曲ですが、ファンからのリクエストも多かったという同曲を、ジャズ風にアレンジしつつ、メロディーだけでなくバッキングも弾くという一人二役の超絶技巧で弾きこなしてみせました。

 さらにこの翌日には、アニメ2ndシリーズのエンディングテーマ「ラヴ・スコール」をジャズアレンジで弾き語りした動画も投稿。「ルパン三世のテーマ」とは打って変わって甘く切ない女性のかわいらしさをイメージしたというボサノバ調の演奏を披露し、両投稿には「ビジュアル、ピアノ、歌、全てが完璧」「リアル不二子ちゃん」「指使いの凄い不二子ちゃん」など、演奏技術もさることながら、視覚的なインパクトに圧倒される声が多く寄せられています。

 なお、高木さんのアニソン×コスプレシリーズで、これまでに最も注目を集めたのは、「うる星やつら」のラムコスプレで弾いた「ラムのラブソング」で再生回数は180万回超。次いで、セーラームーンのコスプレで弾いた「ムーンライト伝説」が約20万回再生となっています。

ねとらぼ

最終更新:5/12(火) 22:06
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事