ここから本文です

タイ、125億ドル規模の経済対策を閣議了承

5/12(火) 20:09配信

ロイター

[バンコク 12日 ロイター] - タイ政府は12日、雇用創出と経済力強化に向けた4000億バーツ(124億5000万ドル)規模の対策を閣議了承した。

総額1兆9000億バーツの総合経済対策の一環。タイ中銀は、新型コロナウイルス流行の影響で、今年の経済成長率がマイナス5.3%と、1997-98年のアジア通貨危機以降で最悪になると予測している。

国家経済社会開発委員会(NESDB)のトサポン長官は会見で「今年7月か第3・四半期に資金を投入したい」と発言。経済成長の加速ではなく、保証と持続可能性を重視すると述べた。

ソムキット副首相は先週、地域社会の活動拡大と失業者の農業部門への復帰を支援する政策を計画していると表明。

タイ商工会議所は、新型コロナの感染拡大により、最大で労働人口の26%に相当する1000万人が失業する可能性があるとの見通しを示している。

タイ保健当局の12日の発表によると、国内の新型コロナウイルスの新たな感染者は2人で、感染者は累計3017人となった。新たな死者はなく、死者数は計56人。

最終更新:5/12(火) 20:09
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事