ここから本文です

阿武咲、しっかり体づくり 大相撲

5/12(火) 20:07配信

時事通信

 大相撲の幕内阿武咲は12日、日本相撲協会を通じて取材に応じ、夏場所の中止決定について「最初は戸惑いがあったが、今は逆に時間がある。その期間でしかできないようなことや、体づくりをしっかりしようと思っている」と心境を語った。

 3月の春場所では優勝した白鵬に土をつけて殊勲賞を獲得。「無観客というのは、最初は違和感があったが、すぐに慣れた。その中でも白鵬関に勝てたのは大きな一歩になった」と振り返った。

 西前頭2枚目まで番付を戻し、三役復帰が視野に入ってきた。小結だった2018年初場所で負った右膝のけがを乗り越えてきただけに、「自分の課題は分かっているので、そこを重点的にやっていこうと思う」。みっちりと基礎運動に取り組んでいる。 

最終更新:5/12(火) 20:15
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事