ここから本文です

巨人の宮国、実戦意識し投球練習 変化球を織り交ぜ51球

5/12(火) 18:15配信

共同通信

 巨人で先発ローテーション入りを目指す宮国椋丞投手が12日、川崎市のジャイアンツ球場で実戦を意識した投球練習を行った。クイックモーションを取り入れながら変化球を織り交ぜて51球を投げ「ブルペンで試合を想定して取り組めている。ニュースを見たりして、これまで通り、開幕が来ることを信じてやっている」と球団を通じてコメントした。

 沖縄・糸満高から入団して10年目の28歳。2013年に開幕投手を務めるなど先発陣に名を連ねていたが、15年からは主に中継ぎを任されてきた。このオフに宮本和知投手チーフコーチに先発再転向を直訴した。

最終更新:5/12(火) 18:26
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事