ここから本文です

関西の公演、損失288億円 新型コロナで中止、延期

5/12(火) 19:23配信

共同通信

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、関西2府4県で5月末までに予定されていたコンサートや演劇計1222公演が中止や延期となり、損失額が約288億円に上ったことが12日、音楽ライブの主催業者などでつくるコンサートプロモーターズ協会関西部会の調査で分かった。同部会などは同日、大阪府や市に支援を要望した。

 同部会に所属するキョードー関西グループなど8事業者が、政府が大規模イベントの自粛を要請した2月26日から5月31日までに中止、延期した公演数を調べた。8事業者の主催公演は、関西で行われるものの8割程度を占めるとみられる。

最終更新:5/12(火) 19:34
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事