ここから本文です

北海道が店名公表のパチンコ5店休業、1店営業継続

5/12(火) 20:44配信

産経新聞

 北海道は12日、新型コロナウイルス特措法第45条2項に基づき10日に店名を公表したパチンコ店6店のうち5店が休業したことを確認したと発表した。残る1店が営業を継続しており、道は13日も現地で確認を行うとしている。

 道内では、休業要請への協力を求める道と営業を続ける店との応酬が繰り返されていた。12日は、新たに営業を確認したパチンコ店はなかったという。

 特措法では、都道府県知事が休業を求める手続きとして「協力要請」(24条)▽「要請」(45条2項)▽「指示」(同3項)-の3段階があり、要請と指示は施設名を公表する。

最終更新:5/12(火) 20:44
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事