ここから本文です

元妃のバトラーが分析!ヘンリー王子がメーガン妃に恋をしたのは「ダイアナ元妃に似ているから」

5/12(火) 20:03配信

ELLE ONLINE

雑誌『クローサー』のインタビューを受けたのはダイアナ元妃のバトラー、ポール・バレル。「ヘンリー王子がメーガン妃と恋に落ち、結婚したのはダイアナ元妃に似ていたからだ」と語っている。「ダイアナ元妃もメーガン妃も自分の信じていることを主張するタイプで、簡単にくじける人ではない」。

でも2人が仲良くなれたかというと、バレルの答えはノー。「おそらく衝突しただろう。2人はそれぞれ自立した女性で、ものの見方が違う。両妃のやり方は対立したはずだ」。バレルは2人の妃の違いについてこう分析している。「ダイアナ元妃は若くてナイーブだったが、メーガン妃には戦略がある。ダイアナ元妃は王室の伝記作家のアンドリュー・モートンに本を書かせ、何年もマスコミとうまくやっていた。なぜなら元妃には自分で発信する手段がなかったからだ。元妃の意思の強さはイギリス国民に対する思いやりだった。元妃はイギリス国民が王室という閉ざされた世界で何が行われているのか知る権利があると思っていた」。

メーガン妃とヘンリー王子がイギリスのタブロイド紙と対立、提訴しているのはご存知の通り。さらに「今後はタブロイド紙の質問には答えない」とまで宣言している。バレルの分析はそんな2人の態度を批判しているようにも聞こえる。さらにヘンリー王子とマスコミの関係に言及していないだけに、すべてメーガン妃がやっていることだとバレるは示唆していると解釈する声も。メーガン妃に対する世論に敏感なヘンリー王子が母の元バトラーと対決、なんて展開にならないことを祈りたい。

最終更新:5/12(火) 20:03
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事