ここから本文です

高知商業高でオンライン授業

5/12(火) 20:12配信

テレビ高知

テレビ高知

新型コロナウイルスの影響で今月22日まで臨時休校となっている高知商業高校で、12日から全校一斉にオンライン授業がスタートしました。

生徒の姿はなく静まり返った学校…しかし教室からは、生徒の声が。

「おはようございます。健康状態どうですか。大丈夫な人手振って。」(教諭)

高知商業高校では、先月11日から続く臨時休校の期間を今月22日まで延長したことを受け、12日から全校一斉のオンライン授業をスタートさせました。ICT=情報通信教育を推進するため、今年から1年生全員が。また2、3年生も1部のコースの生徒がタブレット端末を持っています。

朝にはまず教室ごとにホームルームが行なわれ、制服姿で出席した生徒達は普段と同じ時間割で授業に臨みます。そして授業がスタート。生徒に事前に与えられた課題の解説などが行われました。1年生にとっては入学後すぐに臨時休校となったため、授業が進んでいないのはもちろんですが、担任の教諭やクラスメイトの名前と顔すら覚え切れていない状況でした。しかし、12日からはオンラインで繋がり、クラスメイトの顔を見ながらの授業となりました。

「学校で授業は受けられてないんですけど、遠隔授業で先生やクラスメイトの人と対面しながら授業が受けられいているので普通に学校で授業受けてるみたいな感覚です。とても楽しいです。」(生徒・塩田綾那さん)

「対面ほどは分かりませんが生徒の表情も分かりますので安心して授業ができます。課題の進捗状況であったり体調面とか一人一人話しながら毎日確認していけたらなと思っています。」(教諭)

一方で、全校生徒のうち15%は、自宅にWi-Fi環境が整っていないといい、学校は、学習に差が出ないようフォローしていくということです。オンライン授業は、今月22日までの平日に毎日実施されます。

最終更新:5/12(火) 20:12
テレビ高知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事