ここから本文です

「ゆめカステラプロジェクト」がカステラ無料提供

5/12(火) 20:57配信

長崎文化放送

NCCスーパーJチャンネル長崎

新型コロナに負けず元気を出してもらおうと歯科医師らのプロジェクトチームが幼稚園や福祉施設にカステラを贈りました。カステラを贈ったのは医療・介護関係者や洋菓子職人らでつくる「ゆめカステラプロジェクト」です。高齢者や障害者が食べやすい食品の開発に取り組んでいます。プロジェクトに参加している長崎市柳田町のカフェの近所にある福祉施設や幼稚園など8施設に1030個のカステラを贈りました。みかど本舗の伊藤慎吾顧問は「甘いものってストレスとかを抱え込んだ時に若干心が落ち着くというか、そのためのちょっとした道具になれば」と話します。カステラは雲仙市の「みかど本舗」のものでグループ企業の「みかどホテル」でも提供していますが、新型コロナの影響でホテルは4月7日から5月末までの予定で休館しています。みかど本舗の伊藤慎吾顧問は「カステラはホテルに泊まった人に感謝の気持ちでお配りしていたものです。今回お休みをいただいていますので何か活用してほしい」と話しました。「ゆめカステラプロジェクト」では、長崎、雲仙、南島原の3市にも約1万5000個のカステラを無料で配りました。

最終更新:5/12(火) 20:57
長崎文化放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事