ここから本文です

ハイボールにぴったり!燻製おつまみは餃子と手羽先が最高です

5/12(火) 20:00配信

&GP

宅飲みとホームパーティって、似ているようで非なるもの。自宅でおいしく楽しく!という点は同じだけど、宅飲みでは手間も時間も予算もあまりかけたくないというのがホンネです。冷蔵庫の中にある食材、あるいはスーパーやコンビニで簡単に手に入る食材で、安く手間なく失敗なく作りたい。

【調理工程はこちら】

そんな願いを叶えてくれるのが、紹介するパナソニック「スモーク&ロースター けむらん亭 NF-RT1000」(実勢価格:2万7000円前後)。すでに発売から5年を数える調理家電ですが、使ってみたら驚くほどの優秀ぶりでした。

試したメニューは “アーモンド、チーズ、ベーコン、ほたて、イカ、冷凍餃子、手羽先” というラインナップ。どれも美味でしたが、特に後半の食材はたまらないですよ。

いつものおつまみが一気にランクアップ!

簡単に使い方を説明しておきましょう。食材以外に用意するのは、スモーク用ウッドチップとアルミホイル。ホーロー引きの燻製容器の中央にウッドチップを大さじ2~3程度敷いたら、食材を乗せた専用ステンレス網をセット(食材の種類によってはあらかじめステンレス網をホイルでくるみます)します。

最後に、燻製容器の表面を覆うようにしてホイルでふたをして「くんせい」ボタンで時間指定してスタート、というのが基本的な使い方です。

我が家ではおやつ用に素焼きアーモンドとチーズを常備しているので、まずはこのふたつで試運転してみます。どちらもそのままでおつまみになるけれど、正直味には飽きている。だから宅飲み用にひと工夫できたらうれしいですよね。

スモークする時間は好みに応じて調整できますが、今回は説明書に従ってまずアーモンドを20分でセット。調理中は匂いはほとんどなし、動作音も最初はほとんどありませんが、ファンが回りだすとオーブントースターのような稼動音がします。

さて待望のご対面。一見「え、あんまり変わってなくない?」な感じでしたが、水分を飛ばしてかじってみたら、ロースト感がぜんぜん違う。おいしい!

びっくりしたのはチーズ。こちらは15分スモークしてみましたが、ホイルを取った瞬間チョコのような甘い香りがぶわっと飛び出します。お味は、最初はプロセスチーズらしくさっぱり、後から濃厚な風味が追っかけてくる感じ。おやつみたいにバクバク食べるのではなく、余韻をゆっくり味わえる大人のおつまみに変身!

どちらもスーパーやコンビニですぐ手に入る食材なのに、スモークしただけで別物の旨さ。

1/3ページ

最終更新:5/12(火) 20:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事