ここから本文です

休業要請協力金、あすにも前倒し支給 申請2800件、福井県

5/12(火) 21:08配信

福井新聞ONLINE

 福井県の休業要請に応じた事業者への協力金について、県は当初の予定を前倒しし、5月13日にも支給を始めることが11日、分かった。15日に支給開始の方針だったが、申請が既に約2800件に上っており、できるだけ早く手元に届けられるように調整を進めている。

【全国初】銀行支店内に元ライバル銀行の支店入居

 申請は4月30日に受け付けを開始。5月5日時点で約千件だったが、大型連休明けから急増した。

 締め切りは27日で、県は最大6700件を見込んでいる。

 協力金は中小企業が50万円、個人事業主は20万円(営業時間の短縮・変更を求められている飲食店などは半額支給)。県が最長20日までとしている休業要請の期間中、全面的に協力した事業者を対象に支払う。期間中に営業を再開した場合、返金してもらうなどの対応を取る。

福井新聞社

最終更新:5/12(火) 21:27
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事