ここから本文です

ベトナム人技能実習生殺人事件 同居の男を死体遺棄容疑で送検/富山

5/12(火) 19:25配信

チューリップテレビ

 富山市の住宅街の側溝で、ベトナム人技能実習生の男性が遺体で見つかった殺人事件で、県警は、12日までに男性と同居していたベトナム人技能実習生の男を死体遺棄の疑いで逮捕・送検しました。

 「午後1時半過ぎ、ゴ・コン・ミン容疑者を乗せた車が富山地検に向け富山中央署を出発しました」(記者)

 死体遺棄の疑いで逮捕・送検されたのは、富山市赤田のアパートに住むベトナム人技能実習生、ゴ・コン・ミン容疑者(20)です。

 ゴ容疑者は、先月、同居していたベトナム人技能実習生、グエン・ヴァン・ドゥックさん(21)の遺体を自宅アパート横の側溝に運び、遺棄した疑いが持たれています。

 捜査関係者によりますと、グエンさんの遺体には刃物で付けられたような傷が複数ありグエンさんが住んでいたアパートの部屋の壁からグエンさんのものと見られる血痕が見つかったということです。

 捜査本部はゴ容疑者の認否について、明らかにしていませんが捜査関係者によりますとゴ容疑者は任意の調べに対し「いつの間にかいなくなっていた」と話していたということです。

 捜査本部は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて、殺人の疑いも視野に入れ調べを進めています。

チューリップテレビ

最終更新:5/12(火) 19:25
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事