ここから本文です

静岡県知事が提言「臨時交付金の飛躍的増額を」ウェブ会議形式の全国知事会で

5/12(火) 20:09配信

静岡朝日テレビ

 全国知事会はウェブ会議形式で行われ、静岡県の川勝平太知事も県庁から参加しました。国は静岡県を含む少なくとも34の県で、緊急事態宣言の解除を視野に入れています。その判断があさってにも出されますが、本部長を務める徳島県の飯泉知事は「新しい生活様式を地域の実情に応じて実施する必要がある」と呼びかけました。
 全国知事会は緊急事態宣言が一部地域で解除された後も、都道府県をまたいだ移動の自粛を呼び掛けることや臨時交付金の増額を含む財政支援の拡充などを盛り込んだ国への緊急提言を取りまとめました。

静岡県 川勝知事:「ついに静岡県も財政が払底してまいりました。そうした中で、今回の包括支援金、それから臨時交付金の飛躍的増額を、またその中身について、鈴木知事がおっしゃったように中身が具体的であることが非常に重要で、なぜ必要であるかということを明確にしていきたい」

 国への緊急提言には、川勝知事が主張していたワクチンや治療薬開発に向けた基金の創設も含まれています。

最終更新:5/13(水) 2:30
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事