ここから本文です

バルサ育ちのセルタ指揮官オスカル・ガルシア「まだコロナと戦っている」

5/12(火) 19:00配信

SPORT.es

バルサ育ちのセルタで指揮官を務めるオスカル・ガルシアは、監禁からトレーニングを再開できたことに満足感を示したが、コロナウイルスとの戦いはまだ終わっていないと警告した。

メッシ、“ゲームオタク“アグエロにツッコミ「ゲームで遊ぶ年じゃないだろう!」

「ラ・リーガのプロトコル通りに個人トレーニングを開始した。選手たちに再会できて、一緒に芝を楽しめることができて、とても嬉しい。しかし、我々はまだCovid-19に対して戦っていることを忘れてはならない」と主張している。

オスカル・ガルシアはマスクと手袋を着用し、保健当局の安全規則に従い、感染を避けるために6人の選手をいくつかのグループに分けてチームの最初のトレーニングの指揮を執った。

6月30日までの契約を結んでいるセルタの監督は、同クラブのスポーツディレクターであるフェリペ・ミニャンブレス氏とピッチ上で談笑する姿も目撃されている。

SPORT.es

最終更新:5/12(火) 19:00
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事