ここから本文です

栄養バランスで悩むのに疲れたら。 #STAYHOMEで頼れる親子でOKなお助け食品6選|VERY

5/12(火) 20:59配信

magacol

自粛生活が長引いて3食を自宅で食べるようになると気がかりなのが栄養バランス。野菜を残す我が子にモヤモヤしたり、こまめに買い出しに行けないなかで「あと一品」で頭を悩ませたり。免疫力アップを意識する今だから、親子で気軽に取り入られるお助けアイテムに頼ってみるのもあり。VERY読者のおすすめのピックアップしました!

簡単&グルテンフリー!子どもが食べたい生米で作る「野菜パン」

1.子供が野菜嫌いなので自家製「きな粉青汁ミルク」を毎朝食事にプラス

「野菜もフルーツもそのままでは食べないので栄養は飲み物で摂る方向に。私も飲んでいるヤクルトの「青汁のめぐみ」は長年定期購入。息子には、プロテイン代わりにきな粉を。お手軽ですが、ゴクゴク飲んでくれます」 ―中川珠里さん(主婦/32歳・長男2歳)

2. 乳酸菌たっぷりな「Fine Days」のヨーグルトを家族で

「乳酸菌が通常のヨーグルトよりも豊富な広尾の「Cafe & Yogurt Parlor Fine Days」のヨーグルトをまとめ買い。濃厚ですが飲みやすく、フレーバーが豊富なので子どもも喜んで飲んでいます。腸内環境改善と免疫力UPを期待」 ―大塚あずささん(金融関係/35歳・娘6歳、息子3歳)

3.野菜不足解消はジュース頼み。コープの<彩果菜園>は飲みやすい!

「コープの野菜ジュース<彩果菜園>を毎日一緒に飲んでいます。休園中の栄養補助として野菜ジュースを飲ませる、という先輩ママの声を聞いて始めました。コープの宅配の自動注文に設定しておけば買い忘れもなく、こまめに買い出しに行けない今も安心です」 ―高本理恵さん(金融関係/33歳・娘2歳)

4.青汁嫌いでもいけた!つぼ市製茶本舗の<ママの愛情 こども青汁>

「栄養が心配になって青汁をスタート。普通の青汁はダメだった我が子も<ママの愛情 こども青汁>は、青汁くささがなく嫌がらずにノリノリで自分で混ぜて飲んでくれます。パンケーキなど入れれるもの全てに入れてます(笑)」 ―三輪友加里さん(商社勤務/32歳・息子2歳11ヶ月)

5.気分もアガるパーソナルスムージーのサブスク<GREEN SPOON>

「新鮮な野菜・果物・スーパーフードを瞬間冷凍したグリーンスムージーキットが届くサブスクサービス。水や牛乳と一緒にミキサーに入れるだけで完成なので、あれこれ買い出しに行けない時期にぴったり。無添加なので安心して子どもと食べられます。パッケージも可愛くて楽しみに」 ―工藤綾紗子さん(育休中/31歳・息子1歳)

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 7:08
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事