ここから本文です

ミケルソンが“マイケル・ジョーダンGC”に入会…『バスケの神様』が所有する“超セレブコース”

5/12(火) 19:23配信

中日スポーツ

フロリダ州の『ザ・グローブ23GC』

 米ツアー44勝、メジャー5勝のフィル・ミケルソン(49)=米国=が、NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダン氏(57)の所有する米フロリダ州のザ・グローブ23GCに入会することを、11日明らかにした。全米オープンに勝てば4大メジャー全制覇となるミケルソンは、今後同コースで練習するといい、NBAのレジェンドの後押しを受けてグランドスラムを達成を目指す。

 このコースはフロリダ州ホープサウンドの高級リゾート地に昨年秋開場。平たんな湿地帯が広がるリンクス風のレイアウト。会員数100人以下の超プライベートコースで、氏名は公表されていないが、屈指のセレブぞろいと見られている。

 ミケルソンは現在、コースから車で15分ほどの所に新居を建設中。新型コロナウイルス感染拡大の影響で1カ月以上練習から遠ざかっているというが、「幸いにもメンバーをたくさん知っているので、入会の招待を受けた。引っ越したらここで練習することになる」と興奮気味に語った。

 近くにはタイガー・ウッズ、リッキー・ファウラー、ジャスティン・トーマスら、米国のトップ選手らがこぞって住んでいる。ジョーダン氏は大のゴルフ好きで、プロ級の実力。コース名は背番号にちなんで付けられた。

最終更新:5/12(火) 20:26
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事